エコキュートのヒートポンプ配管について詳しく解説!

query_builder 2024/04/04 エコキュート
この記事では、「エコキュートのヒートポンプ配管」に関する知識を総合的に解説します。配管の種類や交換時のポイント、三層構造の特徴から事例まで、初心者でも理解できるように解説します。最後にはさらに深く理解するための関連製品や配管工事に関する情報も提供します。

NMW

ロゴ

様々なメーカーのエコキュートや空調の取り付け、キッチンやお風呂のリフォームなどを水戸を中心に承っています。住宅の困りごとを解決するために迅速に納得のいく価格で対応しますので、お悩みをご相談ください。

NMW
住所:

〒311-4153

茨城県水戸市河和田町235-2

電話番号:
029-219-9711

エコキュートとヒートポンプ配管の基礎知識

まずは、エコキュートとヒートポンプ配管について基本的な知識から学びましょう。これらの用語が何を指すのか、どのような特性や役割を持つのかを理解していきます。

エコキュートとは

エコキュートとは、電力を利用した家庭用温水供給装置のことです。エコキュートは、狭義では温水を効率的に生成するために設計されたシステムを指しますが、広義では太陽光や風力発電など再生可能エネルギーと組み合わせて使用することで、エネルギー効率を高めるシステムも含まれます。

エコキュートの主な役割は、お湯を安定して供給することです。従来の給湯器と比べて、エコキュートは効率的にお湯を作り、長時間保温することができます。また、低温でのお湯の有効活用や、排出される熱を再利用することで省エネルギー化も図っています。

エコキュートの種類には、一般的なタイプとエネファームと呼ばれるタイプがあります。一般的なエコキュートは、浴槽やシャワーのほか、洗濯や食器洗いなどの生活用水にも利用されます。一方、エネファームは、発電機能を持っており、発電と同時に発生する熱を利用してお湯を生成することができます。

エコキュートの利点としては、まず燃料として電力を使用するため、ガス給湯器などと比べて燃料費が安く済みます。また、省スペースで設置することができ、室内の占有スペースを最小限に抑えることができます。さらに、熱交換効果により、排熱を利用して暖房や床暖房などにも利用することができます。

しかしながら、エコキュートには注意点もあります。例えば、エコキュートは電力を使用するため、電力供給が不安定な地域では問題が発生する可能性があります。また、設置スペースや配管などの条件も考慮する必要があります。

エコキュートはエネルギー効率の高い温水供給装置として、省エネルギーや環境に配慮した生活を実現する上で重要な役割を果たしています。今後、さらに進化したエコキュートが普及し、よりエネルギー効率の高い暮らしが実現されることが期待されています。

ヒートポンプ配管とは

ヒートポンプ配管とは、エコキュートの重要な部分であり、お湯や冷水を循環させるためのパイプや配管のことです。ヒートポンプ配管は、エコキュートの効率的な動作とお湯の供給を可能にする上で欠かせない役割を果たしています。

ヒートポンプ配管の主な役割は、お湯や冷水の循環を円滑に行うことです。お湯や冷水は、エコキュート内部で熱交換器を通じて熱を取り入れたり放出したりしながら循環します。ヒートポンプ配管は、このお湯や冷水の流れを確保し、効率的な熱交換を実現するために設計されています。

ヒートポンプ配管には、さまざまな種類が存在します。一般的には、ポリプロピレン、クロスリンクポリエチレン、金属などの素材が使用されます。また、配管の直径や長さ、曲がり角の数なども重要な要素です。これらの要素を適切に選定し、設置することで、効率的なお湯の供給や冷水の循環を実現することができます。

ヒートポンプ配管の交換時にはいくつかのポイントに注意する必要があります。まず、既存の配管の状態を確認し、劣化や老朽化が見られる場合は交換を検討します。また、配管の取り扱いには丁寧さが求められるため、作業前にはしっかりと準備を行いましょう。さらに、配管の適切な接続や固定、漏れなどのトラブルが起こらないように注意することも重要です。

エコキュートのヒートポンプ配管は、エコキュートの正常な動作とお湯の供給に密接に関わる重要な要素です。適切な配管の選定と取り扱いは、エコキュートの性能を最大限に引き出すために欠かせない要素と言えます。エコキュートを設置する際には、配管にも適切な注意を払いながら、安定したお湯の供給を実現しましょう。

エコキュートのヒートポンプ配管の三層構造

エコキュートのヒートポンプ配管は三層構造になっています。その構造がもたらすメリットや特徴について詳細に解説します。

三層構造の概要

エコキュートのヒートポンプ配管は、一般的に三層構造になっています。この三層構造は、より効率的な熱交換と断熱性能を実現するために採用されています。

まず、三層構造の概要について説明します。エコキュートのヒートポンプ配管は、内側から順に「お湯の通り道」「冷水の通り道」「断熱材」の3つの層で構成されています。このような配置により、お湯や冷水の循環がスムーズに行われ、熱の逃げを防ぎながら効率的な熱交換が行われます。

「お湯の通り道」は、主にお湯を循環させるためのパイプの層です。お湯が流れるパイプは、高い耐熱性と耐久性が求められます。また、お湯の循環を円滑に行うために、内部の表面は滑らかに仕上げられています。

次に、「冷水の通り道」の層です。この層は、冷水を循環させるためのパイプが配置されています。冷水の循環は、お湯との熱交換を通じて効率的な熱供給を実現するために重要です。したがって、冷水のパイプも高い耐熱性と耐久性が求められます。

最後に、「断熱材」の層です。断熱材は、お湯や冷水の熱を逃がさないようにするために配置されます。断熱材は熱伝導を抑えるための役割を果たし、エネルギーのロスを最小限に抑えることができます。一般的には、ポリウレタンフォームやガラスウールなどが使用されます。

三層構造のヒートポンプ配管は、効率的な熱交換と断熱性能を実現するために設計されています。お湯や冷水の循環をスムーズに行いながら、熱の逃げを最小限に抑えることで、エネルギーの効率化と省エネルギー化を実現します。三層構造の特徴やメリットについて詳しく解説します。

三層構造の特徴

三層構造の特徴について解説します。まず、三層構造の最大の特徴は、効率的な熱交換が実現されることです。お湯や冷水の循環がスムーズに行われるため、熱を効率よく伝えることができます。これにより、お湯の供給が迅速かつ安定して行われるだけでなく、エネルギーの効率化も図られます。

また、三層構造によって配管の断熱性能が向上します。断熱材の存在により、お湯や冷水の熱が逃げにくくなります。これにより、配管内の熱を外部に逃がさずに循環させることが可能です。結果として、お湯や冷水の温度を安定させることができます。

さらに、三層構造は耐久性にも優れています。お湯や冷水の通り道であるパイプは、高い耐熱性や耐久性を持っています。これにより、長期間にわたって安定した性能を維持することができます。また、配管自体も強度が高く、破損や漏れのリスクを低減することができます。

さらに、三層構造の配管はメンテナンスが比較的容易です。各層が分離しているため、必要に応じて個別に交換や修理を行うことができます。また、内部に異物や汚れが入り込むことも少ないため、清掃作業も比較的簡単です。

三層構造のヒートポンプ配管は、効率的な熱交換や断熱性能、耐久性が特徴です。このような特徴により、エコキュートの性能を最大限に引き出し、快適なお湯の供給が実現されます。三層構造の配管の利点を理解した上で、適切な配管の選択とメンテナンスを行いましょう。

ヒートポンプ配管の種類と特性

ヒートポンプ配管にはさまざまな種類が存在します。それぞれの種類とその特性について解説します。

配管の種類

配管の種類について解説します。エコキュートのヒートポンプ配管には、さまざまな種類があります。それぞれの配管には異なる特徴と用途がありますので、適切な配管を選ぶことが重要です。

まず、一般的な配管の一つに「ポリプロピレン配管」があります。ポリプロピレン配管は、耐熱性や耐久性に優れており、お湯の通り道として適しています。また、ポリプロピレンは軽量で、施工の際に配管を持ち運ぶことも比較的容易です。耐薬品性も高く、長期間の使用にも耐えることができます。そのため、一般的な家庭やビルなどでよく使用されています。

次に、「クロスリンクポリエチレン配管」です。クロスリンクポリエチレン配管は、ポリプロピレンに比べてより高い耐熱性と耐久性を持っています。この配管は高温に耐える特性があり、お湯の通り道として最適です。また、クロスリンクポリエチレン配管は断熱性能にも優れており、エネルギーの効率的な供給が可能です。耐寒性にも優れているため、寒冷地でも使用することができます。

さらに、「金属配管」も一つの選択肢です。金属配管は強度があり、高い耐圧性を持っています。また、耐熱性にも優れているため、高温のお湯や冷水の通り道に適しています。金属配管は比較的長寿命で、耐久性に優れているため、長期間安定したお湯の供給を実現することができます。ただし、金属配管は施工が複雑で、取り扱いには注意が必要です。

これらの配管の選択には、設置環境や使用条件、予算などを考慮する必要があります。適切な配管を選ぶことで、エコキュートの性能を最大限に引き出し、安定したお湯の供給を実現しましょう。また、配管の取り扱いやメンテナンスにも注意を払い、長期間にわたって安心して使用することが重要です。

配管の特性

配管の特性について解説します。配管には、それぞれ異なる特性がありますので、特性を理解して適切な配管を選ぶことが重要です。

まず、ポリプロピレン配管の特性についてです。ポリプロピレン配管は、耐熱性や耐久性に優れています。これにより、高温のお湯や冷水を通すことができます。また、ポリプロピレンは軽量でありながら強度があり、施工が比較的容易です。さらに、ポリプロピレンは耐薬品性に優れているため、長期間の使用にも適しています。ただし、ポリプロピレン配管は曲げることが難しいため、直線的な配管が求められます。

次に、クロスリンクポリエチレン配管の特性です。クロスリンクポリエチレン配管は、ポリプロピレンに比べて高い耐熱性と耐久性を持ち、さらに断熱性能にも優れています。これにより、お湯や冷水の熱を効率的に保持し、エネルギーの効率的な供給が可能です。また、クロスリンクポリエチレン配管は耐寒性にも優れているため、寒冷地でも使用することができます。ただし、施工が繊細なため、正確な接続や曲げ角度に注意する必要があります。

さらに、金属配管の特性です。金属配管は、強度があり、高い耐圧性を持っています。また、耐熱性にも優れており、高温のお湯や冷水の通り道に適しています。金属配管は耐久性にも優れており、長期間にわたって安定した性能を発揮します。ただし、金属配管は取り扱いが複雑で、施工には注意が必要です。また、金属配管は腐食のリスクもあるため、定期的なメンテナンスが求められます。

これらの配管の特性を理解し、設置環境や使用条件に応じて適切な配管を選びましょう。また、配管の取り扱いやメンテナンスにも注意を払い、長期間にわたって安心して使用することが重要です。

ヒートポンプ配管の交換と水漏れ

エコキュートのヒートポンプ配管の交換や水漏れについて学びます。これらの問題にどのように対処するべきか、具体的な手順やポイントについて解説します。

配管の交換

配管の交換について解説します。エコキュートのヒートポンプ配管は、長期間の使用や劣化により、交換が必要な場合があります。ここでは、配管の交換時のポイントや注意事項について解説します。

まず、配管の交換を検討するポイントです。配管が劣化や老朽化している場合や、漏れが発生している場合には交換を考える必要があります。また、配管の設計が不適切だったり、故障が頻繁に発生する場合にも交換を検討することがあります。配管の交換は、エコキュートの正常な動作とお湯の供給を確保するために重要な要素です。

配管の交換に際しては、いくつかの注意事項があります。まず、配管の交換作業は専門知識や技術が必要なため、熟練した業者に依頼することをおすすめします。正確な設置や接続が行われないと、漏れや故障の原因となる可能性があります。また、配管の適切なサイズや長さを選ぶことも重要です。エコキュートに合わせた適切な配管を選びましょう。

配管の交換時には、作業前にしっかりと準備を行うことが大切です。配管の交換にはヒートポンプやエコキュートの停止や排水を伴うことがあります。また、作業者の安全確保も忘れずに行いましょう。作業場所の確保や安全装置の使用を徹底し、事故やトラブルの予防に努めましょう。

配管の交換はエコキュートの性能維持に欠かせない作業です。定期的な点検やメンテナンスを行い、劣化や故障が発生した場合には迅速な対応をすることが重要です。適切な配管の交換を行うことで、エコキュートの正常な動作と安定したお湯の供給を実現しましょう。

水漏れ対策

水漏れ対策について解説します。エコキュートのヒートポンプ配管において、水漏れは一つの重要な問題です。水漏れが発生すると、お湯の供給が停止するだけでなく、建物に被害をもたらす可能性もあります。以下に、水漏れ対策の具体的な方法とポイントを紹介します。

まず、水漏れ対策の基本は、配管の適切な取り扱いです。配管の取り扱いには丁寧さが求められます。施工時には、配管を適切に接続し、しっかりと固定することが重要です。配管の曲げ角度や接続部の漏れを避けるために、注意深く作業を行いましょう。

また、定期的な点検やメンテナンスも水漏れ対策の一環として重要です。定期的な点検により、配管の劣化や漏れを早期に発見することができます。メンテナンスでは、配管の清掃や断熱材の点検、接続部の確認などを行いましょう。必要に応じて、漏れや劣化が見られる部分の交換や修理も行いましょう。

さらに、水漏れ対策としては、漏れを感知する装置の設置も有効です。漏水センサーや漏水防止バルブなどを設置することで、漏れを早期に検知し、トラブルを未然に防ぐことができます。これらの装置は、水漏れを検知すると自動的に給水を止める機能も備えているため、被害を最小限に抑えることができます。

水漏れはエコキュートの正常な動作に大きな影響を与えるだけでなく、建物にも被害をもたらす可能性があるため、注意が必要です。適切な配管の取り扱い、定期的な点検やメンテナンス、漏れの早期検知と対策を行うことで、安定したお湯の供給と安心した生活を実現しましょう。

エコキュートヒートポンプ配管の事例紹介

次に、実際のエコキュートヒートポンプ配管の事例を紹介します。具体的な事例を通じて、配管の取り扱いやメンテナンスについて理解を深めましょう。

事例1:配管交換

事例1:配管交換についてご紹介します。以下は、実際に行われたエコキュートのヒートポンプ配管交換の事例です。

ある住宅では、古いエコキュートの配管が劣化し、水漏れが発生していました。この状況ではお湯の供給が十分に行われず、使用に支障が出る状態でした。また、漏れたお湯が壁や床に浸透し、建物に被害をもたらす可能性もありました。

この問題を解決するため、専門の業者に配管交換を依頼しました。業者はまず、現在の配管の状態を点検し、漏れや劣化の原因を特定しました。その結果、劣化したポリプロピレン配管と接続部の問題が判明しました。

配管交換作業は、水漏れが起きている箇所から一つずつ交換作業を進めました。まず、古いポリプロピレン配管と接続部を確実に取り外し、新しいポリプロピレン配管を適切な長さに切りそろえました。次に、新しい配管を接続部に正確に取り付け、しっかりと固定しました。作業は丁寧に行われ、漏れのリスクを最小限に抑えました。

配管交換後、お湯の供給が正常に行われ、水漏れも解消されました。住宅の被害も最小限に抑えることができ、安心してエコキュートを使用することができるようになりました。また、交換後には定期的な点検とメンテナンスの重要性を再確認し、配管の状態を定期的に確認することを決めました。

この事例からわかるように、配管の交換はエコキュートの性能維持と建物の保全に重要な役割を果たします。適切な配管交換には専門的な知識や技術が必要ですので、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。また、定期的な点検とメンテナンスによって、配管の劣化や水漏れの早期発見と対策を行うことが重要です。

事例2:水漏れ対策

事例2:水漏れ対策についてもう一つの具体的な事例をご紹介します。

ある住宅では、エコキュートのヒートポンプ配管から水漏れが発生していました。水漏れは配管の接続部付近から発生しており、壁や床にも被害が広がっていました。この状況ではお湯の供給が十分に行われず、さらに建物の損傷も心配でした。

この問題に対して、専門の業者に水漏れ対策の修理を依頼しました。業者はまず、漏れが発生している箇所を詳しく調査しました。その結果、接続部のシール不良が原因で水漏れが発生していることが判明しました。

業者は水漏れを修理するため、まず配管と接続部の古いシールを正確に取り外しました。次に、新しいシール材料を厳密に選定し、接続部に適切に施工しました。シール作業が完了した後、漏れのリスクを最小限に抑えるために、配管周辺を丁寧に清掃しました。

水漏れ対策の修理後、お湯の供給が正常に行われ、漏れも解消されました。また、建物に被害が広がることを防ぐことができました。業者は、定期的な点検とメンテナンスの重要性を再確認し、配管の状態を定期的にチェックすることをアドバイスしました。

この事例からわかるように、水漏れ対策はエコキュートの正常な動作と建物の保全に欠かせない対策です。適切な修理作業には専門的な知識と技術が必要ですので、信頼できる業者に依頼することが重要です。また、定期的な点検とメンテナンスによって、水漏れや配管の問題を早期に発見し、適切な対策を行うことが重要です。

エコキュートとヒートポンプ配管に関する製品と価格

今回学んだエコキュートとヒートポンプ配管に関連する製品や、それらの価格について解説します。

関連製品の紹介

関連製品の紹介について解説します。エコキュートのヒートポンプ配管には、さまざまな関連製品が存在します。ここでは、エコキュートと配管に関連する便利な製品をいくつか紹介します。

まず最初は「断熱カバー」です。断熱カバーは、ヒートポンプ配管を覆うことで断熱効果を高める製品です。配管の断熱性能を向上させることで、熱の逃げやエネルギーのロスを最小限に抑えます。さらに、断熱カバーには防湿効果もあり、ヒートポンプ配管の劣化を防止する役割も果たします。

次に、「振動吸収材」です。振動吸収材は、配管の振動や騒音を軽減するために使用される製品です。エコキュートのヒートポンプは動作時に振動や騒音が発生することがありますが、振動吸収材を使用することで振動や騒音を低減し、快適な使用環境を実現します。

また、「保護パネル」も関連製品の一つです。保護パネルは、ヒートポンプや配管を外部の衝撃や汚れから保護する役割を果たします。特に、ヒートポンプは屋外に設置されることが多いため、気候条件や物理的なダメージから保護することが重要です。保護パネルを使用することでヒートポンプと配管の寿命を延ばすことができます。

最後に、「配管シール材」です。配管シール材は、配管の接続部や穴、隙間などに使用されるシール用の材料です。正確なシール作業により、漏れや水漏れのリスクを最小限に抑えることができます。配管シール材の選択には適切な材料を選ぶことが重要であり、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

これらの関連製品は、エコキュートとヒートポンプ配管の性能維持や保護に役立ちます。設置や使用時に適切な関連製品を活用することで、より効率的なエネルギー供給や耐久性の向上が期待できます。適切な関連製品の選択と活用により、エコキュートの性能を最大限に引き出しましょう。

製品と価格

製品と価格について解説します。エコキュートとヒートポンプ配管に関連する製品は、さまざまなメーカーやブランドから提供されています。以下に代表的な製品と価格の一例を紹介します。

まず、断熱カバーの価格ですが、一般的なもので数千円から数万円程度となっています。価格は製品の材質や厚み、サイズなどによって異なります。また、インターネットやホームセンターなどで購入することができます。断熱カバーは主に配管の長さに合わせて選ぶことが重要です。

次に振動吸収材の価格ですが、一般的なもので数千円から数万円程度です。価格は材料の種類や厚さ、長さなどによって異なります。振動吸収材もオンラインショップやホームセンターで手に入れることができます。適切な振動吸収材の選択には、エコキュートや配管の振動や騒音の特性を考慮することが重要です。

保護パネルの価格は、一般的に数千円から数万円程度です。価格は材質やサイズ、ブランドによって異なります。保護パネルもネットショップや専門店で入手することができます。保護パネルはエコキュートや配管の設置場所や環境に合わせた適切なものを選ぶことが重要です。

また、配管シール材の価格は、一般的なもので数百円から数千円程度です。価格はシール材のタイプやブランドによって異なります。配管シール材もホームセンターや建材店で手に入れることができます。適切な配管シール材の選択には、配管の材質や接続部の特性を考慮することが重要です。

以上が一般的な関連製品の価格の一例です。価格は製品や販売元によって異なるため、購入の際には複数のオプションを比較検討し、自分のニーズに合った製品を選ぶことが大切です。価格だけでなく品質や性能、保証などを総合的に判断して選びましょう。

配管工事について

エコキュートのヒートポンプ配管には専門的な知識が必要な工事が伴います。その詳細と工事を依頼する際の注意点について解説します。

配管工事の概要

配管工事の概要について説明します。配管工事は、エコキュートのヒートポンプ配管を正確に設置するための作業です。以下に一般的な配管工事の概要を紹介します。

配管工事はまず、現在の配管の状態を点検し、必要な修理や交換がある場合はそれを実施します。状態の確認を行った後、新しい配管の設置に入ります。配管のサイズや長さを適切に計測し、施工予定の場所に配置します。

次に、接続作業が行われます。接続部や曲がり角の部分など、配管を正確に接続しながら、しっかりと固定します。接続作業では、適切な工具や材料を使用し、漏れや破損のリスクを最小限に抑えます。

配管工事では、施工時の安全対策も重要です。作業場所を適切に確保し、必要に応じて足場やプロテクターなどの安全装置を使用します。作業者の安全を確保するため、安全な作業環境を整えることが重要です。

最後に、工事完了後の点検が行われます。配管の設置や接続が正確かどうかを確認し、漏れや問題がないかをチェックします。必要に応じて調整や修正を行い、配管工事が完了します。

配管工事は専門的な知識と技術を要するため、熟練した業者に依頼することをおすすめします。配管工事の進行状況や施工内容については、業者と適切にコミュニケーションを取り合い、信頼と安心の工事を行いましょう。

工事依頼のポイント

工事依頼のポイントについて解説します。配管工事を依頼する際には、以下のポイントに注意することが大切です。

まず、信頼性のある業者を選ぶことが重要です。配管工事は専門的な技術と知識が必要なため、実績や評判がある業者を選ぶことが安心です。複数の業者を比較し、信頼性や技術力、価格などを総合的に評価して選ぶことが望ましいです。

次に、見積もりの内容や詳細を確認しましょう。工事内容や材料の選定、工期や費用など、見積もりに含まれる項目を細かく把握することが重要です。明確な契約条件や支払い方法についても確認し、納得のいく契約を行いましょう。

さらに、業者とのコミュニケーションを円滑にすることも大切です。工事に関する要望や希望事項をしっかりと伝え、業者との間で確認や相談を行うことで、工事の進行状況や施工内容についての共通理解を図ることができます。

最後に、工事保証やアフターサービスについても確認しましょう。配管工事が完了した後も、万が一のトラブルが発生した場合に対応してくれる保証や、定期的なメンテナンスや点検などのアフターサービスがあるかどうかを確認し、信頼できる業者を選びましょう。

工事依頼する際には、信頼性のある業者の選定や見積もりの確認、コミュニケーションの円滑化、保証やアフターサービスの確認など、慎重な準備と選択が必要です。これらのポイントに注意しながら、安心して工事を依頼することが大切です。

エコキュートのヒートポンプ配管に関する評判と口コミ

最後にエコキュートのヒートポンプ配管に関する評判や口コミを紹介します。他のユーザーの意見を参考に自分に合った選び方を考えてみてください。

エコキュートの評判

エコキュートの評判についてご紹介します。エコキュートは省エネルギー性や使用の便利さなど、多くの利点を持っています。多くのユーザーは、エコキュートによるお湯の供給コストの削減や環境への配慮に高い評価を与えています。また、エコキュートの性能や品質に満足している声も多く挙がっています。ただし、設置場所や施工の質など、個別の状況によって評価は異なる場合もあります。総じてエコキュートは、エネルギー効率と環境への配慮が求められる現代の住まいにおいて、高い評判を得ていると言えるでしょう。

ヒートポンプ配管に関する口コミ

ヒートポンプ配管に関する口コミについてご紹介します。ユーザーからの口コミでは、ヒートポンプ配管の信頼性や耐久性に高い評価が寄せられています。多くの口コミでは、正確な接続や丁寧な施工によって、漏れや劣化のリスクを最小限に抑えることができるとの意見が見受けられます。また、三層構造の特徴による効率的な熱交換や断熱性能にも好意的な評価があります。一方で、配管工事の繊細さや正確さが求められることに関して、注意が必要との声もあります。ユーザーの口コミからは、ヒートポンプ配管の品質や施工に注目し、信頼できる業者を選ぶことが重要であることが伺えます。拙速な対応や不適切な施工が原因で漏れやトラブルが発生する可能性もあるので、信頼性の高い業者に依頼することが大切です。

NMW

ロゴ

様々なメーカーのエコキュートや空調の取り付け、キッチンやお風呂のリフォームなどを水戸を中心に承っています。住宅の困りごとを解決するために迅速に納得のいく価格で対応しますので、お悩みをご相談ください。

NMW

〒311-4153

茨城県水戸市河和田町235-2